2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

~【ヴァンガード】かげろうのトリガーについて【構築メモ】~

にょろーん


最近かげろうについていろいろ考えているのですが、思いのほかトリガーがパッとしないですね

例えばですが…

ロイパラなら
メタ環境において特に結果を残している型は、以前の騎士王軸と最近のSSD軸があります
この2つの場合Vのパワーが安定しやすく、大体パワー20000以上でVが殴ってくるんです
これって後半になればなるほど相手からすれば面倒ですよね?
そしてここにガードが割かれやすくなります、つまりRにクリティカル流せば詰む場面になりやすいんです

オラクルなら
アマテの場合、トップ操作できる時点で攻めのトリガーが強いです
ツクヨミの場合はどのトリガーでも強いですね、パワー11000の時点で
しかし共通してRでスタンドさせて強いユニットが少ないです、逆に一発通して強いユニットは多いです
なんでスタンド()って言われやすいです、それよりトムにクリティカル乗せてぶん殴った方が強いです

ノヴァのなら
アシュラテキストがスタンド能力、つまりスタンド引けば1列スタンドもあり得ると言うこと
以前ならそれでも心もとない感じでしたが、最近ではデスアーミー系やルチルなどが増えよりスタンドが強くなっています
そしてアドを稼げないデッキなので短期決着を決め込む意味でも一気に殴りたいところです
こう言った意味でスタンド特化タッチクリティカルになりやすいです

…とまぁ自分なりの意見があるのですが、かげろうはいまいちピンと来ない

基本攻めのトリガー2種の内1種に絞ることが重要だと思っている自分としては、どちらがかげろうに合っているのかを見極める必要があると思っています

今の段階では…

・クリティカルに関して
クリティカルの真価はV→Rの攻撃順から、Vに完全ガードなどが来てもRに流せること
そして相手が賭けに出た際のVアタックにクリティカル乗せでゲームを詰めることが稀にあること
この2つだと思います、特に前者はごく普通に起こり得ることですから
2つ目は良くある「クリティカル捲れたらどの道無理な場面」をガードしない賭けです
特に良くあるのは「ダメ4点からVアタックをノーガードで受ける」と言うものです
クリティカルが無く5点止まりでなら返せる、そんな場面は意外とあるのがヴァンガードですよね
この点を踏まえると、ウォーターフォウルがソウルセイバーと同じく相性が良いかと

・スタンドに関して
スタンドの攻撃順は真逆のR→Vが基本
この場合重要なことは、Rでアタックを通したいユニットの補助的動きですね
アタック回数は当然の如く増えますが、それ以前にヒット時系のテキストを持つユニットのテキストが使用しやすくなります
かげろうならオバロがまさしくその類、と言ってもRを退却させる(実質ヒットさせる)ことを相手は阻止しにくる場合が多く
それをさせた上でのスタンドはもちろん強力です、つまりはそういうこと
また単純にパワーの高いユニットはスタンドと相性が合いです、かげろうは10000ラインが比較的いるのでそういった意味でも十分向いてるかと

さて、どちらが向いてるんでしょうかね

これからはしばらくこれを考えることになりそうです


そんじゃ!
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kouyousuzaku.blog50.fc2.com/tb.php/36-1ba36db0








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。